So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

夏休みに幕張で火星を見よう [天体]

めざせ1万人!大接近の火星観望会 8月1日・2日に幕張で開催
《火星観望会- Mars '18 in Makuhari -》
8月1日(水)・2日(木)、千葉市の豊砂公園で火星観望会が開催される。
この観望会では50台ほどの天体望遠鏡が並べられ、火星や土星などを観望する。

日時:2018年8月1日(水)、2日(木) 18:00~21:30
 天候不良の場合、観望会は中止
 屋内イベント(講演会、天文宇宙の展示、書籍フェア)は実施
場所:イオンモール幕張新都心 グランドモール前 豊砂公園(千葉県千葉市)
入場:無料

2018年7月31日、火星と地球が約5760万kmまで接近。
15年ぶりの大接近とあって、色々取り上げられていますが、
火星観望会を1万人イベントに。と、言うのには、さすがに驚きました。
雨だったら諦めが付くけれど、曇りだったらどうするんだろうと。
そちらは屋内イベントもあるので、安心しましたが。

地元の天文台や科学館などで、観測会は行われていますが、
確かに人数制限があって、事前申込が必要なものが多くて、
気軽に行って見られるものは少ないですよね。
夏休み中ですし、親子で楽しめるイベントだと思うので、
お近くの方は参加してみては如何でしょうか。

思えば子供の頃、近所のお兄さんが天体望遠鏡で見せてくれた、
土星の環と、ガリレオ衛星の影がある木星が、
天体に興味を持つ切っ掛けの1つなんですよね。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小惑星 リュウグウのステレオ視画像 [天体]

ブライアン・メイさんによる小惑星 リュウグウのステレオ視画像
イギリスのロックバンドのクイーン(Queen)のギタリスト、
ブライアン・メイ(Brian May)さんに、「はやぶさ2」の望遠の光学航法カメラ(ONC-T)が
撮影した画像より小惑星リュウグウの立体視画像を作成していただきました。
ブライアン・メイさんは、ロンドンのインペリアル・カレッジで天体物理学の
博士の学位も取得されていて、天文学者でもあります。

アステロイド・デイの講演に参加しているので、
ブライアン・メイ氏が天文学者だと知ってはいましたが、
さくっと6月中に、はやぶさ2プロジェクトに承認をとって、
リュウグウの立体視の画像を作成、Twitterに掲載。
もう、凄いとしか言えない……

今は一番見栄えがするらしい、デス・スターもどき画像のみですが、
いずれは全面の画像、立体モデルと、
次第にリュウグウの全貌が明かされていくので、楽しみです。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

革新革新的衛星技術実証1号機&イプシロン4号機、応援メッセージの募集 [天体]

革新的衛星技術実証1号機&イプシロン4号機 プロジェクトメンバーへの応援メッセージ送ろう!
JAXAでは今年度、「革新的衛星技術実証1号機」を
イプシロンロケット4号機で打ち上げる予定です。

今回はイプシロンロケットだけではなく、「革新的衛星技術実証1号機」
として搭載される7機の衛星も対象に、プロジェクトメンバーや実証テーマの提案者、
ミッションに対する応援メッセージを募集します!

第1弾、期日までに皆さまから頂いたメッセージは、
「EPSILONマーク」の一部に加工し、ロケットに貼り付けます。

すっかり恒例となっている、イプシロンロケット応援メッセージ。
決まった募集期間に応募すると、「EPSILONマーク」の一部に、
自分のメッセージが載ると言うのがポイント。

募集期間は、2018年7月4日(水)10:00~9月30日(日)17:00
投稿できるメッセージ文字数は40文字で、スペース(空白)も1文字。

今回は、革新的衛星技術実証1号機の衛星達も対象なので、
どんなメッセージが寄せられてくるのか、気になる処でもあります。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

祝!はやぶさ2、リュウグウ到着 [天体]

小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星Ryugu到着について
JAXAは平成30(2018)年6月27日の「はやぶさ2」の運用において、
「はやぶさ2」の化学推進系スラスタを噴射して軌道制御の運用を行いました。

JAXAは、「はやぶさ2」から取得したデータから、
「はやぶさ2」の化学推進系スラスタの噴射が予定通り行われたこと
「はやぶさ2」と小惑星リュウグウとの距離が約20㎞であること
「はやぶさ2」が小惑星リュウグウとの距離を維持できていること
「はやぶさ2」の状態が正常であること

を確認しました。これにより、「はやぶさ2」が9時35分(日本時間)に
小惑星リュウグウに到着したことを確認しました。

はやぶさ2、リュウグウ到着、おめでとうございます。
JAXA Hayabusa2 Projectのトップ画像も、
リュウグウまであと20.00㎞になっています。
ちなみに、集合写真のイラストがモノクロなのは、
「まだ到着は一歩に過ぎない」という意味らしいです。
確かに、この先やる事はてんこ盛りですよね。
そして、ミッションパッチは、ピンク色に変更。
竜宮城のイメージだそうですが、何故に竜宮色がピンク?

おまけ
小惑星「リュウグウ」をイメージしたぷるるん水ゼリーがいよいよ登場!
以前、ローソンが募集していた、
「はやぶさ2応援企画 小惑星リュウグウをイメージしたスイーツアイディアコンテスト」
選ばれた優秀アイデアを基にしたスイーツ、
バタフライピーティーのぷるるん水ゼリー(レモン)が、
7月10日(火)発売されるそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

はやぶさ2、リュウグウへ6月27日到着 [天体]

「はやぶさ2」、リュウグウへ明日到着
2014年12月3日に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」は、
3年半に及ぶ約32億kmの長旅を経て、明日6月27日に
いよいよ小惑星「リュウグウ」へ到着する予定だ。

なお、27日16時から「小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星到着に関する記者会見
が開かれ、YouTubeで見ることができる。

ついにこの日がやって参りました。
記者会見、さすがにリアルタイムは仕事中で無理。
自宅帰ってから観る予定です。
高度20kmのホームポジション「到着」であって、
「着陸」ではありませんので、お間違え無く。

リュウグウの形、デス・スターやソロモン、算盤の珠とか、
色々言われていますが、鉱物好きとしては蛍石(fluorite)に一票。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

こちはや漫画版Vol. 2、Vol. 3 [天体]

こちはや漫画版
Vol. 2: 2018年6月3日イオンエンジン往路完走(2018.06.19)
Vol. 3: 光学電波複合航法(2018.06.22)

小惑星リュウグウ到着間近とあって、JAXA Hayabusa2 Project
最新データの更新ペースもあがり、
追うだけでいっぱいいっぱいと、嬉しい状況に。
そして、「こちはや漫画版」もVol. 2、Vol. 3と続けて更新されました。

Vol. 2
ついに、IES兄登場です。
Twitterにて様々な情報をアップして下さったり、
はや2トークライブでもお馴染みの方。
イオンエンジンの真面目なお話なのに、オチには大笑い。
はやぶさ2では、お祝いのケーキが食べられますように。

Vol. 3
光学電波複合航法を、スイカ割りに例えての解説。
電波航法の、砂場に到着し後は闇雲に叩きまくりますって、
間違いでは無いけれど……
光学航法が、片目(遠近感無し)と言うのがわかりやすい。
図と合わせての説明、ありがとうございました。
あと、「焼肉」ネタで、看板の店名が亀や乙姫、白煙と、竜宮由来なのが、楽しい。

今後も掲載、心待ちにしております。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

水星磁気圏探査機MMOの愛称は「みお」 [天体]

水星磁気圏探査機MMOの愛称決定について
今年度中に打上げ予定の
「水星磁気圏探査機MMO(Mercury Magnetospheric Orbiter)」に対し、
広く皆様に親しみを持っていただくため、平成30(2018) 年2月20日
~4月9日の期間で愛称を募集しました。

1. 愛称:「みお」ローマ字表記「MIO」
2. 選定理由
・「みお」は河川や海で船が航行する水路や航跡の意味を
もつことから、これまでの探査機の研究開発の 道のりを示すとともに、
これからの航海安全を祈る愛称であること。
・古くより船が航行するときの目印にする標識を澪標(みおつくし)と云い、
和歌では「身を尽くし」の掛詞 になることから、努力と挑戦を続ける
プロジェクトメンバーの思いを表していること。
・水星の磁気圏によって変化する太陽風のプラズマの流れのなかで
MMOは探査する。この状況と船 が流れの中を進むイメージが合致すること。
・海外の方にも発音しやすいこと。

MMO「みお」、命名おめでとうございます。
今回も応募したのですが、名付け親ならず。
身内の名前と一緒なので、ちょっとびっくり。

応募総数は6,494件、「みお」提案者数は19件。
候補名の数がどれだけがあったのかわかりませんが、
選ぶ方もかーなーり大変だったのでは。
ちなみに私が応募したのは、「いだてん」でした。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

はやぶさ2、リュウグウ到着は6/27前後 [天体]

「はやぶさ2」、リュウグウ到着は6月27日ごろ
JAXAの探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への到着は
6月27日前後になることが発表された。

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」は、探査目標天体の
小惑星「リュウグウ((162173) Ryugu)」まで
残すところ約2000kmまで迫っている(6月7日時点)。
今年1月10日に開始した第3期目のイオンエンジンによる連続運転を
6月3日に終了し、現在は探査機に搭載したカメラなどを使って
目的天体を確認しながら接近する「光学電波複合航法」でリュウグウへ接近中だ。

本日行われた記者説明会で発表されました。
あちこちのTV・ネットのニュースで取り上げられていましたが、
ついに、この日がやってきたんですね。
リュウグウの真の姿を見るのも間近です。

記者説明会はネット配信されていましたが、
11:00~12:00とあって、さすがにリアルタイムの視聴は無理でした……
動画配信されていますが、はやぶさ2プロジェクトのサイトでも、
記者説明会資料がアップされています。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

3+34人の〝リュウグウ〟 [天体]

3+34人の〝リュウグウ〟
プロのクリエーターとプロジェクトメンバーが想像したリュウグウ
ここでは、リュウグウの形が見えてくる前に、プロのクリエーターの方から
送っていただきましたリュウグウの想像図と、
はやぶさ2プロジェクトメンバーが想像したリュウグウをお見せします。

それぞれの画像には、ご本人のコメントと、はやツー君の呟き(ツッコミとも言う)付き。
リアルなものから、遊び心満載のものまで様々。

一番ほろりときたのは、中澤暁 サブマネージャ 氏のコメント。
「もう、黒くて丸いものがすべてリュウグウに見えてきました」
これってもう、職業病ですよね……

そして、「プロジェクトメンバーは着陸の難度の高い小惑星を想像している人がいますが、
それだけ小惑星がどのようなものなのか心配なのです」とあって……
どうか、はやぶさ2が着陸しやすい地形がありますように。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

祝!はやぶさ2、イオンエンジン往路完走 [天体]

イオンエンジン往路完走
今年(2018年)1月10日から第3期イオンエンジン運転を行ってきましたが、
2018年6月3日にその運転を終了しました。これで、小惑星リュウグウに向かう
往路のイオンエンジンの運転はすべて終了したことになります。

この喜びを分かち合うTwitter、
小惑星探査機「はやぶさ2」18:53 - 2018年6月3日
皆様、お手を拝借願います。
手をちょっとグーにしてください。電車の方は吊り革に捕まったそのままのポースで結構です。

準備はいいですか?
それでは手を突き上げてご唱和ください!

イオンエンジン、往路完走です!
「やったぜーーーー!!!!!」

(IES兄)

おめでとうございます。
読んだ瞬間、ガッツポーズではなく、両手を挙げて万歳してしまいましたが……
ちなみに、第3期イオンエンジン運転は、連続運転の時間が約2,426時間。
総加速量が約393m/sec(時速約1,400km)。
まさに、「ゆっくりでも、止まらなければ、けっこう進む」(by IES兄)ですね。

リュウグウへの到着及び真の姿の報告、心待ちにしています。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー