So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

火星探査車「マーズ2020」に搭載する名前を募集 [天体]

あなたの名前が火星へ!NASAが火星探査車「マーズ2020」に乗せる名前を世界中から募集
NASAは現在、2020年7月の打ち上げを目指して
新しい火星探査車「マーズ2020」の開発を進めています。

NASAは5月21日、マーズ2020に搭載する個人の名前を
世界中から募集するキャンペーンを始めました。
集まった名前は髪の毛の1000分の1という細さの線で
シリコンチップに刻まれて、来年打ち上げられる
マーズ2020に搭載されて実際に火星へと送られます。

メッセージとかは無くて、個人名だけの募集。
申込は「Send Your Name to Mars: Mars 2020」から、
・First Name
・Last Name
・Country
・Postal Code(郵便番号)
・Email
以上、5項目と至ってシンプル。
当然ながら、ローマ字での申込みとなります。
完了後、証明のダウンロードをお忘れ無く。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国際美術館の日、上野で美術館・博物館巡り その3 [展示・展覧会]

最後は東京国立博物館
4時前でしたが、それでも入場待ちの列がありました。
本館のコインロッカーが埋まっていた為、荷物を持ち歩く破目に。
平成館のロッカーは、空きがあったようです。

観たい希望の展示が、太刀、刀だったので、
刀剣(本館 13室)と 武士の装い―平安~江戸(本館 5室・6室)へ。
薙刀 長船長光(重要文化財) 鎌倉時代・13世紀
CIMG7627.jpg

十文字槍 関兼常 室町時代・16世紀
CIMG7630.jpg

銀包桜樹文合口 江戸時代・19世紀
CIMG7632.jpg

黒韋肩妻取胴丸 室町時代・15世紀
CIMG7634.jpg

太刀や刀は知識が無いのもあって、
武士の装いの方が、見ていて楽しめたと言う……

キャラクター、トーハクくん(本名:東 博 あずまひろし)の素になった、
埴輪を観ようと平成館1階に行ったのに、無い。
調べてみたら、本館2階にある事が判明。
でも、日本美術のあけぼの―縄文・弥生・古墳、1室にあったのに、
逆回りしてしまった為、一番最後のご対面でした
埴輪 踊る人々
CIMG7638.jpg


そんな訳で、本館の常設展は一通り見て回りました。
志野茶碗 銘 橋姫 安土桃山~江戸時代・16~17世紀
CIMG7636.jpg

前に来た時は、志野茶碗 銘 振袖が展示されていましたが、今回は橋姫。
両方観る事が出来て、良かった。

ミュージアムショップ、はにわグッズの品揃えが凄い事に。
はにわソックスが、太陽戦隊からレインボー戦隊になっていた!
……3色から、7色に増殖。
カップラーメンのお供、おすわりはにわは、あるのに気付かなかった。
次回行ったら絶対買います。

さすがに、東洋館までは回れなかった……
東洋館の別棟1階のレストラン ゆりの木で、お茶してから帰りました。
最初から目的の展示を決めていたので、3館全部回りましたが、
思った以上にハードな半日となりました。
次が合ったら、もうちょっと絞って回る事にします。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国際美術館の日、上野で美術館・博物館巡り その2 [展示・展覧会]

2番目は国立科学博物館。
常設展示の日本館・地球館を全部回ると、
とても時間が足りないので、今回はピンポイントで企画展のみに。
国立民族学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」
CIMG7594.jpg

大阪にあるみんぱく、一度は行ってみたい博物館の1つ。
特別展、気になるのが多いんですよね。
CIMG7607.jpg

CIMG7609.jpg

CIMG7595.jpg

CIMG7598.jpg

様々なビーズがテーマごとに展示されていました。
植物・動物・貝・石・金属・ガラス、そして、21世紀のビーズ。

色鮮やかなヴェネチアグラス。
CIMG7600.jpg

CIMG7599.jpg

懐かしいビーズバッグと、約1300種類あるガラスビーズ。
CIMG7606.jpg

石のビーズは撮影禁止でしたが、鉱物とあって綺麗でした。

科博NEWS展示「さようならキログラム原器―「はかる」単位、130年ぶりの大改定」
CIMG7620.jpg

キログラム原器(レプリカ)
CIMG7615.jpg

CIMG7616.jpg

人工物は表面の汚染(酸化などの化学変化や摩滅)が発生すると、
数値が変わることがある為、2019年5月20日から、
プランク定数を基準年経計算で求める方法に変更に。
他にも、電流の単位アンペア(A)、熱力学温度の単位ケルビン(K)、
物質量を表すモル(mol)の定義が変わっているそうです。

ディスカバリートークにも参加しました。
CIMG7612.jpg

科博の研究者が自分の研究や、身近な科学の話題について
解説するギャラリートークです。
関係する展示をご案内することもあります。
土日祝日、1日2テーマ、各2回行われています。

10分前に行ったら、ほぼ満席。
気になるテーマの時は、早めに行くのをオススメします。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

国際美術館の日、上野で美術館・博物館巡り その1 [展示・展覧会]

5/18の国際美術館の日、上野の美術館・博物館巡りをしました。
国立西洋美術館、国立科学博物館、東京国立博物館、
常設展が全部無料の大盤振る舞い。
CIMG7570.jpg

CIMG7571.jpg

CIMG7593.jpg

CIMG7625.jpg

しかも土曜日なので、国立西洋美術館・科学博物館は20時、
東京国立博物館は21時まで開館していました。

もっとも、さすがに全部回るだけの体力も無く、
友人達と各自、今回行きたい展示を挙げた処、
・国立西洋美術館の常設展
・国立科学博物館の企画展「ビーズ -自然をつなぐ、世界をつなぐ-」
・東京国立博物館の太刀、刀
……見事にバラバラ。結局、全て回る破目となりました。

まずは早めのランチ。
音音-おとおと- 上野バンブーガーデン店で、
数量限定の厚切り牛タンとろろ膳
CIMG7567.jpg

私は食べられなかったけれど、可愛いパンダのデザート。
CIMG7569.jpg

まずは駅に近い国立西洋美術館へ。
先日、ギュスターヴ・モロー展を観に行ったので、
一番見たかったのが、「牢獄のサロメ」と「ピエタ」でした。
CIMG7582.jpg

CIMG7586.jpg

常設展の展示は入替があるので、「牢獄のサロメ」が見られなくて泣いた経験あり。
観たい作品は、所蔵作品の作品検索で、展示中なのか調べておくと宜しいかと。

他に今回気になったのが、ポール・ランソン「ジギタリス」
CIMG7588.jpg

ジョルジュ・デヴァリエール 「聖母の訪問」
CIMG7590.jpg

レオナルド・ビストルフィ 「死の花嫁たち」
CIMG7592.jpg

新収蔵作品
エドガー・ドガ 「舞台袖の3人の踊り子」
CIMG7575.jpg

ラファエル・コラン「詩」と「楽」
CIMG7579.jpg

CIMG7580.jpg

無料で参加出来るイベントも行われていまして、
18日に行われていたのは、美術トーク 
ボランティアスタッフによるギャラリートークで、
第1・第3・第5土曜日および毎週日曜日(開館時)
午前 11:00~/午後 13:00~ (午前・午後共に約50分)

今回は残念ながら、時間が合わなかったけれど、
以前参加した時は、かーなーり楽しかったので、機会があればどうぞ。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JAXA × 東京大学 × 機動戦士ガンダム [天体]

ガンダムとシャアザクが地球周回軌道に出現!「宇宙から東京2020エール!」第2弾はガンプラを搭載した超小型衛星の放出企画
「G-SATELLITE 宇宙へ」では、JAXAと東京大学、
そして「機動戦士ガンダム」がコラボレーションし、
企画専用の超小型衛星「G-SATELLITE」
(サイズは10cm×10cm×30cm)を開発します。

G-SATELLITEには、宇宙の環境でも変質しにくい素材と塗料が用いられた
「ガンダム」と「シャアザク」の特別仕様のガンプラが、
衛星の「コックピット」と呼ばれる部分に搭載されています。
予定では、きぼうからG-SATELLITEが放出された後にコックピットが展開し、
2つのガンプラが宇宙空間にその姿を現す仕組みです。

最初、Twitterで知って、いったい何事!?と、驚いたのですが、
JAXAが、「ONE TEAM PROJECT」に関する発表記者会見を配信。
これはマジだと信じざるを得ないと言う事に。
金井宇宙飛行士が、滅茶苦茶いい笑顔で写メアップしていました。
日本人の本気を見せてやる。そんな感じです。

詳しくは、東京2020参画プログラム ONE TEAM PROJECT
08 JAXA × 東京大学 × 機動戦士ガンダム
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -