So-net無料ブログ作成

はやぶさ2トークライブVol.14 最終回 その2 [講演、特別・一般公開]

後半は相模原市立博物館会場と、リモート会場からの質疑応答。
音声が上手く届かなかったり、リモート会場に繋がっているカメラの位置がわからず、
別方向に向かって話したりなどのエピソードもありましたが、
それもまた、ライブならではの楽しさでした。

地球から見て太陽の向こう側にリュウグウがある時に行く理由は、
はやぶさ2が地球と太陽が上(アンテナ・太陽電池パドル)、
小惑星が下になる位置だから。

着陸やミネルバ投下には、温度と自転軸が関係してくる。
CIMG4443.jpg

自転軸の傾斜があっても、公転によって観測出来る位置が移動するので、
相応しい場所を選ぶ事が出来るそうです。
ただ、以前の場所の方が良くても、そちらに戻る事は無理。
CIMG4445.jpg

それと、質問に関連して、こちはや漫画版の紹介もありました。
シダPM紹介には、会場でも笑いが。
CIMG4420.jpg

質疑応答は、時間を延長して行われました。
はやぶさ2トークライブの開催、今までありがとうございました。
再開のお知らせを、ゆっくりとお待ちしています。

会場にあった、デアゴスティーニのはやぶさ2見本
CIMG4331.jpg

CIMG4336.jpg

MASCOTなど、着脱可能な物もあり。
CIMG4409.jpg

ターゲットマーカー、これも勿論、着脱出来ます。
CIMG4410.jpg

トークライブ開始前と休憩時間は、一大撮影大会と化していました。
申込5000件で商品化されますが、お値段に加えて、何より置き場所が無い……


追記(4/10)
Twitterで紹介されていた、宇宙科学探査交流棟の外壁。
昨日、外壁グラフィックパネルの仕上げが行われたそうで、
これは完成前のパネルになります。
CIMG4455.jpg

CIMG4454.jpg

CIMG4457.jpg

CIMG4459.jpg

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

はやぶさ2トークライブVol.14 最終回 その1 [講演、特別・一般公開]

相模原市立博物館で開催された、はやぶさ2トークライブVol.14 最終回
CIMG4337.jpg

まもなくリュウグウ到着なので、最終回となります。
(到着とは、リュウグウとの距離20㎞ポジション)
今年の6/21~7/5頃の予定。
「ランデブーに必要なイオンエンジンのΔV(増速)量」を
某駅伝で例えるとこれぐらいとか。
CIMG4349.jpg

ちなみにリュウグウまでの距離は約42万㎞で、
地球から月ぐらいまで近付いています。

もっとも、これから山登りと言う険しい道のりがあるそうです。
小惑星リュウグウ想像コンテストを行うぐらい、未知の小惑星ですからね……
CIMG4356.jpg

はやぶさ2ミッションの3つの意義
CIMG4363.jpg

・太陽系往復飛行のキー技術は、イオンエンジンと再突入カプセル。
・サンプルリターンは天文スケールから虫眼鏡スケールまでわかる
・高精度地球スイングバイ
 「スカイツリーから富士山麓のミジンコを見分ける精度で計測し、
 東京からブラジルにいるてんとう虫にボールを当てた」との事。
CIMG4377.jpg

キーボードの下にスケールがありますが、グラフがあっているのか、
画面に当てて確認するのに使っているそうです。

はやぶさ2のこれまでの成果。
CIMG4380.jpg

そのうち説明があったのは、ソーラーセイルモードとデルタドア。
CIMG4382.jpg

CIMG4386.jpg

IKAROSが取り上げられたのが、ちょっと嬉しかった。

小惑星フェーズに向けて行われている訓練の紹介も。
LSS訓練。
CIMG4393.jpg

「なんちゃってリュウグウ」には笑ってしまいましたが、
実際はどんな形状しているのでしょうか。
CIMG4395.jpg

CIMG4398.jpg

RIO訓練
CIMG4399.jpg

本番さながらに行っているのですが、仁義なき戦いって……
CIMG4405.jpg

次第に出す方もやる方も凄い事になっていってそうですが、
それだけやっていても、予想外が発生するのが宇宙なんですよね。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

日本猿と温泉 [雑記]

温泉入るサルはストレス緩和 長野・地獄谷で京大測定
観光名所の長野県の地獄谷野猿公苑で温泉に入るニホンザルは、
体内のストレス物質が減っていることが分かった。

冬期に入浴が確認された後のふんのストレス物質の濃度は、
入浴していない場合よりも平均で約20%低かった。
寒さが和らぐ春には入浴頻度が冬より大幅に下がり、
濃度の差も確認できなかったという。

日本人は温泉好きですが、どうやら猿も一緒だったようで、
温泉の入浴でリラックスして、ストレス発散していると言う……
同じ風土に生存してきたから、同じように適応しているのでしょうか。

のほほんと入浴している猿の写真を見たら、
暖かくなってきたけれど、また温泉に行きたいと思ってしまいました。
これって温泉PRを兼ねていますよね。

コメント(0) 
共通テーマ:健康

御衣黄、開花 [植物]

通勤途中にある八重桜が、凄い勢いで開花しているので、
地元の公園に寄ってみると、既に御衣黄が満開でした。
去年より10日も早い。
CIMG4317.jpg

CIMG4318.jpg

今年は葉も花も、例年より色が淡い印象で、まだ若葉だし、
花びらは白が多めで、緑も青りんごのよう。
CIMG4319.jpg

CIMG4321.jpg

いきなり気温があがって、花が咲く状態になってしまってしまい、
慌てて色付け不充分だけど、行くしかないって感じでしょうか。
アメリカハナミズキも開花しているし、ここ数日、さながら初夏の気候でしたから……
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天宮1号、南太平洋上空で大気圏再突入 [天体]

天宮1号、南太平洋上空で大気圏再突入
2016年に制御不能となり徐々に高度を落としていた
中国初の宇宙ステーション「天宮1号」が、日本時間の4月2日9時15分ごろに
南太平洋上空で大気圏へ再突入した。

インターネットで天宮1号のリアルタイム追跡情報を提供していた
米・エアロスペース社の軌道・再突入デブリ研究センター
(Center for Orbital and Reentry Debris Studies; CORDS)によれば、
再突入地点は南緯13.6度、西経164.3度(南太平洋のクック諸島付近)となっている。

お騒がせしていた「天宮1号」が、大気圏再投入をしました。
天宮1号が制御不能だと、中国は公式には認めていないそうで、
しかも、3月末には「大気圏再投入は素晴らしいショーとなる」と述べたと言う……

確かに、被害をもたらす確率は低かったのですが、
どの口で何を言っているんだ状態でした。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー