So-net無料ブログ作成
旅行・観光 ブログトップ
前の10件 | -

道の駅 八王子滝山 [旅行・観光]

週末、東京富士美術館へ行く途中で立ち寄った、
『東京唯一』の道の駅、八王子滝山。
CIMG3883.jpg

今回は都内で友人と待ち合わせをして、
美術館へは車で向かっていたので、行く事が出来たのです。
旅先でも観光名産品販売所とか、寄るの好きなんですよね。

それほど店内は広くないけれど、野菜の他、食品、
地元名産のお土産、お菓子などもあって、なかなか楽しい。
パンとか、地元ならではの調味料も気になる処。

八王子産カラフルキャロット
CIMG3884.jpg

八王子産三浦大根
CIMG3886.jpg

野菜が高騰中なので、道の駅ならばと思ったけれど、
やっぱり良い物は、お高かった……
しかし、市場に回らない小ぶりなキャベツやレタス、
白菜などのお買い得品があり、友人は車なのでお買い上げ。
電車で帰るのでなければ、私も野菜を買い出ししたかった。
CIMG3901.jpg

……と、言いつつ、一番軽量のレタスは購入済みだったりする。
コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

万座温泉 おまけ [旅行・観光]

旅館のサイトだと、早朝散歩として周辺の散策&ウォーキングを、
雪解けの5月中旬頃から、雪が降り冷え込みが厳しくなる11月初旬までの間、
実施しているそうですが、今は雪深い1月。
ド素人がうっかり散策などしようものなら、遭難間違い無し。
なので、景色を眺めたのは旅館と車内のみでした。
旅館の窓から。
CIMG3839.jpg

バス車内から。
CIMG3851.jpg

CIMG3855.jpg

標高が下がるにつれ、次第に晴れていきます。
CIMG3862.jpg

ここで、バスのタイヤチェーンを外していました。
CIMG3869.jpg

CIMG3870.jpg

高地、標高1800mは伊達じゃない。
売店のお菓子の袋もこのとおり膨らんでいます。
CIMG3838.jpg

普通にしている分は特に感じませんでしたが、
ランニングなど激しい運動したら、多分辛い……

帰りの高坂SAにあった、ビッグな焼き鳥の缶詰。
CIMG3882.jpg

お値段もですが、他の缶詰とこれだけの差があります。
CIMG3881.jpg

凄いなっと思っていたら、同じく注意書きに目を引かれたらしく、
何と、片手で持とうとする挑戦者が!
……もっとも、直ぐに諦めて去っていきましたけど。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

万座温泉 日進舘 [旅行・観光]

週末、バスツアーで万座温泉に行ってきました。
標高1800m、国立公園内に位置する万座温泉。
観光無し、20時間滞在2日間コース。
泊まったのは万座温泉 日進舘。飾付は新年仕様でした。
CIMG3834.jpg

CIMG3835.jpg

9つの天然温泉めぐりを楽しめるとあって、温泉三昧。
館内に2ヶ所あり、こちらは100mほど離れた所にある極楽湯。
CIMG3843.jpg

浴衣+ダウンジャケット、長靴(旅館で貸し出し)で行ったと言う……
日暮れ前で、雪の降りが激しくなかったので大丈夫でしたが、
さすがに、夜には行く勇気はありません。
露天風呂なので屋根が無いので、雪が降る中での入浴。
頭に降り積もる雪を見て、某温泉猿の気分になったのは個人的感想です。

雪が降りやまないのもあって、辺り一面雪・雪・雪。
入浴中も除雪車が稼働している音が聞こえました。
CIMG3845.jpg

極楽湯からの道すがら眺める旅館、氷柱が凄かった。
湯気が立っている辺りは、露天風呂。
CIMG3849.jpg


館内に展示されていた木製のスキー。
CIMG3840.jpg

友人の父(東北出身)は竹製のスキーを使っていたそうです。
世代差を感じるお話でした。
スキー客も多くて、希望すれば一式レンタル出来るようです。
食事は朝・夜バイキング形式でした。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

熱海温泉、散策 その2 [旅行・観光]

本命の来宮神社へ向かったのですが、街中から坂を上って、
30分ぐらいと着くと言われ、地図を見ながら、
上へ上へと進んでいったのに、道に迷いました……
諦めて一度下った処、梅園への案内表示を見つけたので、
指示通りに行ったら、何とか来宮駅へ辿り着きました。
CIMG3802.jpg

そこから来宮神社へ歩いて行けますが、電車が到着時だったのもあって、
既に列が出来ていて、線路下のガードを潜り抜けると、
神社の外に順番待ちの長い列があり、車も含めて道は大混雑。
お参りをさくっと諦めて、熱海駅方面へ向かう事に。
後で聞いた処、パワースポットとしても知られるようになって、
近年、滅茶苦茶混むようになっているそうです。

下り坂をのんびり歩いていると、熱海七湯 野中の湯に遭遇。
CIMG3805.jpg

熱海七湯を探し歩いている訳ではないのですが、
見付けたら寄りたくなるのはお約束。

熱海市役所や図書館の前を通り過ぎ、熱海駅近くなると、
お土産や飲食店など、元旦でもやっているお店が増えてきました。
和菓子屋 石舟庵 熱海店  
干支菓子。
CIMG3807.jpg

何と、二回りの歴史あり。
CIMG3808.jpg

生菓子も美味しそうでしたが、持ち帰るの不便なので、
干支菓子戌と百花譜椿(季節の花の形)の焼き菓子にしました。

熱海駅近辺で、お土産を見て回っていて見付けた干物屋さん。
CIMG3814.jpg

いろんな干物が店先に干してあり、気になったのは鮪テール。
CIMG3810.jpg

このお店は+100円で、店先の干物を調理してくれるのです。
飲食席も横にあるので、問題無し。
CIMG3811.jpg

厚みがあるので調理に時間がかかり、20分以上待ちましたが、
塩味付きなので、そのまま食べられます。
赤身なので脂っこく無くて、美味しかったです。
この後、お土産を買ったり、駅で用事を済ませたりしてから、
帰り際、お店の前を通り過ぎた時には、鮪テールは売り切れていました。

そして、旅館へ戻る時にまたも道に迷いまして、
偶々辿り着いたのが、常盤木羊羹店。
CIMG3818.jpg

店の佇まいに目が行って、よく見れば伊豆山神社御用達と。
CIMG3817.jpg

鶴吉羊羹、種類が幾つもあって迷いましたが、
スタンダードが一番と言う事で、本練にしました。

ちなみにその後は、見覚えのある道に出ましたので、
無事に旅館へ戻って、散策はお終いとなりました。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

熱海温泉、散策 その1 [旅行・観光]

元旦、熱海温泉を地図を片手に散策。
新年なのでまずはお参りと言う事で、湯前神社へ向かいました。
手前にあった、熱海七湯 大湯間歇泉。
CIMG3779.jpg

湯前神社は、こじんまりとした佇まい。
一人静かにお参りしてきました。
CIMG3781.jpg

一見、御手洗ですが、熱湯注意!
CIMG3782.jpg

CIMG3783.jpg

近くには温泉饅頭のお店があったので、食べる分だけ買い付け。

熱海芸妓見番
CIMG3798.jpg

毎週土日に「湯めまちをどり花の舞」を開演していますが、
お正月なので観る事が叶いました。この日は花組の公演。
CIMG3784.jpg

日本舞踊は飛び跳ねたりなどの躍動感のある動きは無いのに、
さり気無い仕草などで、男女差や感情を表現出来るのが凄い。

演技中は撮影不可ですが、それ以外ならOK。
開演前の緞帳と展示の羽子板。
CIMG3787.jpg

新年らしく、門松と鏡餅がある舞台。
CIMG3789.jpg

今回、着物も吉兆文様でしたが、季節に応じて変えているそうです。
CIMG3793.jpg

CIMG3794.jpg

玄関に設けられたミニ売店で、芸妓絵付きハーブ石鹸を買いました。

近くのお店で売っていた、伊豆産の蜜柑150円、檸檬250円を嬉々として購入。
地元では国産の檸檬は安価で手に入らないので、ラッキーでした。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

熱海温泉 山本旅館 [旅行・観光]

年末年始、二泊三日で父と熱海に行ってきました。
体調が良くなったから、年末は箱根か熱海の温泉に行きたい。
と、12月中旬に父に言われ、ネットで検索したけど駄目。
旅行会社のおかげで無事取れたけれど、日付と希望地を告げた時の、
窓口の方が一瞬浮かべてしまった、引き攣った笑顔は忘れられない……

泊まったのは、熱海温泉 山本旅館。
CIMG3777.jpg

昭和初期に開業した、純和風二階建ての数寄屋造りとの事。

大晦日の夕食
CIMG3770.jpg

揚げ物や焼き物も出てきたけれど、撮り忘れました……
年越し蕎麦も。
CIMG3772.jpg


元旦の朝食。
CIMG3773.jpg

お節料理の数々に、見惚れてしまいました。
CIMG3774.jpg

CIMG3775.jpg

ちなみに、お雑煮とご飯もありました。

散策から帰ると、部屋にお茶とこんな可愛いお茶菓子が。
CIMG3821.jpg

……残念ながら、父が全部食べてしまったので、味は不明。
一人一皿だと思ったそうです。しくしく。

元旦の夕食。
CIMG3822.jpg

よく見れば、イヌの形。
CIMG3823.jpg

鮑のステーキ、柔らかくて美味しかった。
CIMG3827.jpg

早春の野菜の揚げ物。器とのコントラストが綺麗。
CIMG3828.jpg

鯛の炊き込みご飯とお味噌汁。
CIMG3829.jpg

美味しかったのですが、高齢の父はここでリタイヤ。
他に焼き物もあり、全部は食べきれないと。
年寄りになると、食事の量が減るのは仕方がないですよね……

予約時に父が脚が悪い事をお伝えしたら、1階の大風呂に近い部屋で、
食事用のテーブルと椅子も用意されていました。
他にも何かと気遣って頂きまして、本当にありがとうございました。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

「エアーズロック」19年から登山禁止 [旅行・観光]

豪観光地「エアーズロック」19年から登山禁止に
オーストラリア内陸部にある世界最大級の一枚岩「ウルル(英語名エアーズロック)」
への登山が2019年10月26日から禁止されることが決まった。
11月1日、先住民アボリジニや政府関係者でつくる協議会が発表した。
先住民が「聖地」とするウルルへの登山禁止を巡っては、
観光への影響から論争が続いていた。

友人から登った時の話を聞き、出来れば登ってみたかったのですが、
先住民の方々が聖地に勝手に入られるのは嫌。と。言うのはもっともな事。

現在、世界中から年間25万人以上の観光客が訪れていても、
訪問者に占める登山者の割合は年々減り、現在は20%を切っているそう。
ならば登山禁止にしてしまおうと思うのは、無理もないです。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

調神社茅の輪くぐり2017 [旅行・観光]

夏越の大祓、浦和の調神社の茅の輪くぐり。
前日に境内に寄ってみると、既に準備が整っていました。
神事が終わるまで、くぐれません。
CIMG2529.jpg

反対側から。
CIMG2531.jpg

本日は6時頃、調神社へ到着。
既に終わっていて、神社の方々が記念撮影していました。
CIMG2532.jpg

その後、茅の輪をくぐりまして、夏越の大祓人形。
人形は5枚入っていて、足りない場合は追加で頂けます。
家族の名前と年齢を書き、初穂料と共にお渡しし、お札を頂きました。
CIMG2533.jpg

記入する台にあった張り紙。
CIMG2534.jpg

…最近、ブームだからでしょうか。
御朱印帳、地元の書店でもフェアしてたし。
CIMG2540.jpg

その後も人がやってきて、茅の輪をくぐっていました。
人がいなくなった時に、急いで撮影したのですが、
同じように無人になる時を狙っていた人達がいたので、ちょっと笑ってしまいました。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秩父 美やま [旅行・観光]

今年も父の日のお祝いに、父と姉と3人で秩父へ行ってきました。
泊まったのは、秩父 ホテル美やま
CIMG2527.jpg

道筋に旅館への看板が何ヶ所かあるのですが、
気付いた時には通り過ぎてしまい、思いっ切り遠回り。
車運転しながらだと、ちょっとつらい。

脚が悪い父の為、露天風呂付、3時チェックイン、11時チェックアウト。
CIMG2508.jpg

檜風呂、壁では無くガラス張りになっているので、
父が気に入って、大浴場より好んで使っていました。
横瀬川に面していて景色も良く、河鹿蛙(カジカガエル)の鳴き声が堪能出来ます。
梟もいるそうですが、鳴き声は聞き取れませんでした。

室内は広々。父が観光無しで良いと言う為、全予算を宿泊に当てています。
お布団を敷いたのは、隣の部屋。
CIMG2513.jpg

CIMG2512.jpg

夕食は景色の良い窓際のテーブル席で頂きました。
ご飯は鯛と桜海老の釜炊きご飯。左上にあるのがお釜です。
CIMG2514.jpg

焼きたての鮎の塩焼き。甘酢付きだったけれど塩の方が好み。
CIMG2518.jpg

しゃぶしゃぶのお肉を載せたお皿、白いガーベラの花が綺麗でした。
勿論、味も良し。
CIMG2519.jpg

揚げたての天ぷらと蒸し物。器に惚れ惚れ。
CIMG2521.jpg

美味しかったのですが、高齢の父は食べきれず残してしまいました。
お昼ご飯、軽めにしてきたのに……

こちらは朝食ですが、箱でなく竹篭を使うのが秩父の流行なのでしょうか。
朝も、釜炊きご飯でした。
CIMG2525.jpg

大風呂はサウナと露天風呂付で、
入浴のみは、大人900円、子供500円で楽しめます。
日帰り入浴プラン食事付、5,500円(2名から)もあり。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天空のポピー [旅行・観光]

お昼前に行った、皆野町の天空のポピー
CIMG2276.jpg

山の上にありますが、結構、サイクリング組が多くてびっくり。
今年は残念ながら花が少なめで、入場料300円でした。
以前来た事がある姉曰く、もっと密集して咲いていたそうです。
CIMG2250.jpg

CIMG2248.jpg

確かにパンフの写真よりは、緑が占める割合は高かったけれど、
これでも充分、綺麗だったので、満足。
雲があっても思ったより暑かったので、暑さ・日差し対策はした方が安全です。

ポピーの種類
•種 類:シャーレーポピー(別名 虞美人草)
•花言葉:恋の予感、いたわり、陽気で優しい、思いやり、慰め、感謝、等
•本 数:1,500万本(平成27年計測-5.0ha時)
•色  :赤、他にピンク・白あり
(公式サイトより)

花の色は赤系がメインでしたが、間近で見ると種類も多くて。
CIMG2277.jpg

朱色系は、中央が黄色のものもあり。
CIMG2269.jpg

CIMG2258.jpg

縁取りがあったり、内が白かったりと、様々。
CIMG2260.jpg

CIMG2281.jpg

CIMG2262.jpg

CIMG2280.jpg

CIMG2254.jpg

週末だったので、食べ物の屋台が複数出ていて、
秩父名物秩父ポテトなど、どれもとっても美味しそうでしたが、
この後、昼食を予約していた為、断念……
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・観光 ブログトップ