So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・観光 ブログトップ
前の10件 | -

秩父 美やま [旅行・観光]

今年も父の日のお祝いに、父と姉と3人で秩父へ行ってきました。
泊まったのは、秩父 ホテル美やま
CIMG2527.jpg

道筋に旅館への看板が何ヶ所かあるのですが、
気付いた時には通り過ぎてしまい、思いっ切り遠回り。
車運転しながらだと、ちょっとつらい。

脚が悪い父の為、露天風呂付、3時チェックイン、11時チェックアウト。
CIMG2508.jpg

檜風呂、壁では無くガラス張りになっているので、
父が気に入って、大浴場より好んで使っていました。
横瀬川に面していて景色も良く、河鹿蛙(カジカガエル)の鳴き声が堪能出来ます。
梟もいるそうですが、鳴き声は聞き取れませんでした。

室内は広々。父が観光無しで良いと言う為、全予算を宿泊に当てています。
お布団を敷いたのは、隣の部屋。
CIMG2513.jpg

CIMG2512.jpg

夕食は景色の良い窓際のテーブル席で頂きました。
ご飯は鯛と桜海老の釜炊きご飯。左上にあるのがお釜です。
CIMG2514.jpg

焼きたての鮎の塩焼き。甘酢付きだったけれど塩の方が好み。
CIMG2518.jpg

しゃぶしゃぶのお肉を載せたお皿、白いガーベラの花が綺麗でした。
勿論、味も良し。
CIMG2519.jpg

揚げたての天ぷらと蒸し物。器に惚れ惚れ。
CIMG2521.jpg

美味しかったのですが、高齢の父は食べきれず残してしまいました。
お昼ご飯、軽めにしてきたのに……

こちらは朝食ですが、箱でなく竹篭を使うのが秩父の流行なのでしょうか。
朝も、釜炊きご飯でした。
CIMG2525.jpg

大風呂はサウナと露天風呂付で、
入浴のみは、大人900円、子供500円で楽しめます。
日帰り入浴プラン食事付、5,500円(2名から)もあり。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天空のポピー [旅行・観光]

お昼前に行った、皆野町の天空のポピー
CIMG2276.jpg

山の上にありますが、結構、サイクリング組が多くてびっくり。
今年は残念ながら花が少なめで、入場料300円でした。
以前来た事がある姉曰く、もっと密集して咲いていたそうです。
CIMG2250.jpg

CIMG2248.jpg

確かにパンフの写真よりは、緑が占める割合は高かったけれど、
これでも充分、綺麗だったので、満足。
雲があっても思ったより暑かったので、暑さ・日差し対策はした方が安全です。

ポピーの種類
•種 類:シャーレーポピー(別名 虞美人草)
•花言葉:恋の予感、いたわり、陽気で優しい、思いやり、慰め、感謝、等
•本 数:1,500万本(平成27年計測-5.0ha時)
•色  :赤、他にピンク・白あり
(公式サイトより)

花の色は赤系がメインでしたが、間近で見ると種類も多くて。
CIMG2277.jpg

朱色系は、中央が黄色のものもあり。
CIMG2269.jpg

CIMG2258.jpg

縁取りがあったり、内が白かったりと、様々。
CIMG2260.jpg

CIMG2281.jpg

CIMG2262.jpg

CIMG2280.jpg

CIMG2254.jpg

週末だったので、食べ物の屋台が複数出ていて、
秩父名物秩父ポテトなど、どれもとっても美味しそうでしたが、
この後、昼食を予約していた為、断念……
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

秩父長瀞、セラヴィ [旅行・観光]

週末、2年ぶりに姉と長瀞の「小さなホテル セラヴィ」に宿泊しました。
前回同様、姉からのバースディ・プレゼントで、エステ付と至れり尽くせり。
CIMG2216.jpg

新緑の季節の中、玄関脇の赤いもみじと山法師の白い花が色鮮やか。

和室で露天風呂付の部屋ですが、ランプや装飾に、
ステンドグラスが使われていて、ベッドやソファもあります。
CIMG2206.jpg

CIMG2212.jpg

テーブルの上にあるのは、硝子棒がついた万華鏡。
CIMG2211.jpg

部屋付露天風呂、活けられているのは芍薬。
CIMG2208.jpg

夕食、スパークリングワインのグラス。
底に細かい傷を入れてあるので、綺麗に泡立つのだとか。
CIMG2220.jpg

水のピクチャーとグラス。
CIMG2221.jpg

地元野菜中心のメニューで、一品はそれほど量は無いのですが、
品数が多いので、最後の筍ご飯とデザートは部屋で頂く事になりました。
メイン料理の時、どうするのか訊かれたので、そういう人多いみたいです。
CIMG2219.jpg

半月板の彫り模様、変わっているのがわかりますか。
CIMG2222.jpg

CIMG2225.jpg

CIMG2227.jpg

今回も姉とグラスや器、盛り付けで盛り上がってしまいました。

部屋に運ばれたデザート。
CIMG2232.jpg

前もって伝えていた訳でなくて、受け付けの時に「お友達ですか?」と、
聞かれたので、姉妹である事と、姉からの誕生祝いだと、
話しただけなのに、バースディ仕様に。
記念写真まで頂きまして、ありがとうございました。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

塩原牡丹園 [旅行・観光]

翌日はちょうど見頃の明雲寺の「塩原牡丹園」へ。
今年は開花が遅れていたのですが、ここにきて一気に咲き出したそうです。
ただ、滝があるぐらい傾斜があって、細い階段を昇り降りするので、父は不参加。
CIMG2173.jpg

お昼前にも係らず日差しはきつくて気温も高いので、
牡丹が暑さ負けしているらしく、花弁がぐったりしている株も多かったです。
CIMG2179.jpg

石楠花も咲いていました。
CIMG2177.jpg

色とりどりの牡丹はやはり見事。
CIMG2175.jpg
CIMG2183.jpg
CIMG2187.jpg
CIMG2188.jpg
CIMG2178.jpg

この花は絞りが入っていますが、他の枝の花は赤一色。
枝変わりに近いのでしょうか。
CIMG2185.jpg

道の駅で見かけた塩原高原かぶ。
CIMG2195.jpg

CIMG2196.jpg

ウェルかぶ塩原~幻のトロかぶを食べよう~が開催中で、
旅館の朝食にも出てきました。

今回のお土産。
CIMG2202.jpg

食品ばかりなのは、お土産屋さんに寄らなかったから。
道の駅にあった農産物、持ち帰れるなら色々欲しかった……
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

塩原温泉郷、福渡温泉 [旅行・観光]

父が温泉に行きたいと言うので、週末姉と3人で塩原温泉郷へ行ってきました。
那須塩原駅を起点に、レール&レンタカーを使用。
駅には栃木デスティネーションキャンペーンのぼりが。
CIMG2197.jpg

こちらは、那須塩原用。
CIMG2201.jpg

泊まったのは、塩原の福渡温泉「湯ったりの宿 松楓楼 松屋」
川沿いの涼しげな場所に建つ旅館だったのですが、
この週末は関東は真夏日とあって、滅茶苦茶暑い!
旅館の写真、ドタバタしていて撮り忘れました……

脚が悪い父の為、2時半チェックイン、11時チェックアウト。
露天風呂と部屋食付の別邸、六花の蘇芳に宿泊。
CIMG2151.jpg

残念ながら終わりかけでしたが、部屋の名と同じ花蘇芳が咲いていました。
別邸1階は部屋名に由来した樹が植えられているそうです。
露天風呂は信楽焼きで、直径125㎝(外寸)
CIMG2149.jpg

温泉使用なので大風呂へ行くより楽とあって、父が気に入っていました。
私も夕方と夜に入りましたが、川に面しているので景色も良く、
河鹿蛙(カジカガエル)の鳴き声が堪能出来ます。
CIMG2155.jpg

姉に長い間、河鹿蛙の鳴き声を鳥だと思っていたと伝えたら、
「鳥は夜鳴かないよね」と一刀両断されてしまいました……

対岸には公共混浴露天風呂「岩の湯」・「不動の湯」
CIMG2152.jpg

旅館からも吊り橋を渡って行く事が出来ます。
CIMG2156.jpg

……さすがに挑戦する勇気はありませんでした。

夕食
CIMG2157.jpg

バター焼きの牛肉は美味しくて柔らかいので、父にも好評でした。
ポン酢かローズソルトを付けて食べるのですが、塩の方が好み。
CIMG2162.jpg

部屋食だから仕方ないけど、鮎の塩焼きが冷めていたのが残念。

夕食デザートは、いちごミルクプリン。栃木の苺と牛乳を使用。
CIMG2164.jpg

那須塩原市の、いちごとみるくフェア
~『いちご』と『牛乳』を使った『いちごみるくスイーツ』を召し上がれ~の1品です。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

JRレール&レンタカー [旅行・観光]

JRのレール&レンタカー、初めて使ってみました。
前に父希望の温泉に連れて行った時にその温泉が駅から遠いので、
レンタカーを使ったら、脚が悪い父の負担が少なかったからです。
……ご近所ドライバーの私は、ナビ専門で、運転は姉任せでしたが。

旅館は既に予約済みなので、切符とレンタカーはどうしようかと、
ネットで検索した結果、今回はJRのレール&レンタカーを使う事に。
・乗車券 20%割引
・特急料金等 10%割引
・レンタカー 特別料金
これは、かーなーり大きい。

しかし、デメリットもあって、
・グループでの利用は、全員が同時に購入、同一行程である事。
・使用出来る駅レンタカー営業所が、結構限られている。
他にも幾つか条件があるので、ケース・バイ・ケースでの使用をオススメします。

インターネットで申込して、予約番号を持って、
仕事帰りに「みどりの窓口」で、切符と駅レンタカー券を購入したのですが、
私は初めてだし、受付のお姉さんの胸に燦然輝く「実習中」の札。
申込から入金、発券と、全ての手続きが終わるまでに、
隣の窓口は4人ぐらい、人が変わっていたなぁ……

レンタカー利用開始時刻の1時間前まで利用可能だけど、
絶対、当日ギリギリで行くのはやめようと思いました。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久々に新宿御苑でお花見 [旅行・観光]

新宿ピカデリーに朝一の映画を見に行った後、
新宿御苑でお花見をしてきました。
紀伊国屋へ寄ってから行ったのに、入場待ちの行列が出来ていて、
さすが桜の季節と思ったら、またしてもこんな看板が。
CIMG1986.jpg

前回同様、安部総理の「桜を見る会」が開催されていました。
ちなみに手荷物検査とチケット売り場で2回、
並ばないとならないので、入るまでにそれなりの時間がかかりました。

染井吉野はほぼ終わり、枝垂桜も盛りは過ぎていて、
やはり一番の見頃は、八重桜が中心。
入り口でもらえるマップをぐるぐる回しながら、現在地を探しつつ散策。
……ちなみにマップ回しは、方向音痴の人が良くやる悪い癖らしい。

風があってあちこちで桜吹雪が舞い、花びら模様の道が出来ていました。
池には花びらを敷き詰めた天然の織物が。
CIMG1965.jpg

実物はもっと桜の花びらの色が鮮やかで美しかったです。

桜だけでなく、山吹、椿を始め、
CIMG1939.jpg

CIMG1955.jpg

足元には紫花菜、ヘレボレスが満開。
CIMG1946.jpg

CIMG1985.jpg

御衣黄、花が咲いてはいましたが、
樹の形がアンバランスで、悪い箇所を除去したような感じ。
地元にある御衣黄も、やはり同じようにばっさり刈られた事があったので、
あまり品種的に強くない樹なのかも。
CIMG1968.jpg

そんな、人目を集める大木の側に、ひっそりと植えられていた御衣黄
まだ若木ですが、こちらも綺麗に花を咲かせていました。

黄色の桜の鬱金。
CIMG1982.jpg

樹に品種名タグがあるので、自分のお気に入りの桜を探すのも楽しい。
CIMG1962.jpg

CIMG1969.jpg

CIMG1972.jpg

意外と日差しがきついので、写真を撮るなら午前中の方が良いかと。
当然、紫外線対策も必須です。

おまけ。
新宿御苑、さくらあんぱん。
CIMG1973.jpg

桜餡の平たいあんぱん、桜を愛でつつ美味しく頂いてきました。
しかし裏にあった、美味しい召し上がり方。
袋から保存剤を取り出し、レンジで軽く温めてお召し上がり下さい。
……御苑内では無理だって。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フェアバンクス5、おまけ [旅行・観光]

フェアバンクス旅行のあれこれ。
シアトル空港で見かけた機体。アラスカ航空ですが、どこ行きかは不明。
CIMG1465.jpg

フェアバンクスのホテル、同じ窓からの光景。
朝焼け。
CIMG1583.jpg

真昼の太陽。
太陽が地上から見られるようになったのは、ここ最近らしい。
冬至から一ヶ月しか経っていないので、まだ陽は低空にしか昇りません。
CIMG1587.jpg

黄昏。
CIMG1590.jpg

左から右へ曲線を描いて移動するだけと言う……

市内観光ツアーで昼食をとった店の隣にあった、アニメ・漫画グッズのお店。
ガイドさんはここにある日本のお菓子を買いに行ったのですが、
一緒に参加していた女性と、セーラームーンで盛り上がってしまいました。
CIMG1628.jpg

アメコミグッズなどと一緒に、セーラームーングッズ(日本製)も。
CIMG1635.jpg

ちょっぴり買おうか迷ったアイテム。
CIMG1637.jpg

他に日本のコミックスの英語版もあって、1冊約12ドルでした。

今回、持って行って良かった物。
・ステンレス魔法瓶。
どちらのホテルも、お湯がもらえたので重宝しました。
持参した珈琲や紅茶、レモネード、ココア、カップラーメン(!?)
部屋での飲食に大いにお役立ち。
・湯たんぽ
CIMG1582.jpg

真夜中のオーロラ鑑賞には、あると便利な一品。
胸元に抱えているだけで違いますし、熱くなったら取り出すだけ。

昨年、真冬のフィンランドに行ったから、防寒対策は大丈夫。
と、思っていましたが、-40℃の世界は想定外。
それなのに寒いのが苦手な私が、体調崩さすに済んだのは、
昼間にイベントを入れずに休息をとり、
夜の鑑賞に専念したのも、大きな要因だと思います。
今回は極光が見られて、本当に良かったです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フェアバンクス4、市内観光 [旅行・観光]

最終日、昼食付き市内観光ツアーに参加。
ガイド本にも、車が無いと足の確保に苦労するとあったし、
慣れない寒さと雪の中を、方向音痴が歩き回るのはかーなーり危険。
実行していたら、本気で遭難していたと思われます。
(買い出しの巨大スーパーで、売り場を迷った前科あり)

2日前の申込でしたが受け付けてもらえて、参加者は計4名でした。
本当は北極圏ツアーに行きたかったけれど、旅行前に姉と打ち合わせした時に、
車酔いが酷いのに、雪道を走り続ける荒い運転に耐えられるの?
との問いには、無理としか言えませんでした。

AM10:58なのにこの気温。
CIMG1605.jpg

-40℃には達しませんでしたが、天気予報では暖かくなる筈なのに、
真夜中のオーロラ鑑賞ツアーより冷え込んでました。
こちらは華氏表示ですが、ホテルで見たお天気番組の週間予報。
CIMG1588.jpg

アラスカ縦断パイプライン。
CIMG1624.jpg

このパイプは全て日本製で、日本の鉄鋼業の高い技術力に寄るもの。
世界の建築物で2位の長さを誇るそうです。
1位は勿論、万里の長城。

パイプ内をお掃除するブラシ。
最初は金属製だったけれど、パイプを破損させてしまう事例があった為、
プラスチック系に替わったそうです。
CIMG1622.jpg

CIMG1623.jpg


ビジターセンター、氷の彫刻。
記念撮影ポイントらしく、いろんな人が写真撮ってました。
CIMG1656.jpg

無料で展示がみられます。パンフレットが多数置いてありました。

アラスカ大学フェアバンクス校にある、アラスカ大学博物館。
アラスカの自然と文化、歴史に関する展示ではナンバー1らしい。
博物館なので、英語わからなくても見応えありますし、
日本語オーディオガイドもあるそうです。(有料)

熊の剥製。熊は後ろ足が極端に短いとガイドさんに言われ、
CIMG1662.jpg

後ろ姿に「股下30㎝!?」とツアー参会者一同で突っ込み入れてしまいました。

水晶など、鉱物の展示もあり。
CIMG1669.jpg

博物館から望む景色。
CIMG1671.jpg

雲が無ければ、デナリやアラスカ山脈が見られたのに、残念。

ミュージアムショップで、鮭の黒い缶詰がオススメとガイドさんに教わり、
天然素材の石鹸と共に購入。
石鹸はガイド本にも、お土産として載っていますが、
スーパーのお土産コーナーでは無くて、探していました。
他には、チェナ・スプリンクズ・リゾートで見かけたぐらいで、
結局、空港にも無かったし、石鹸は見つけたら買って置くのが良いかも。

ダウンタウンは車上からの見学となりましたが、道に雪があるし、
建物も雪まみれだし、調べていなかったのもあって、
あれがそうと解説されても、通り過ぎてしまって何がなんだか……

今日が帰国なのもあり、ショッピングをしたいとお願いしたら、
最後に巨大スーパーに寄ってくれました。
サーモンジャーキーやチョコ、インスタントラーメンなどを購入。
アメリカのビーフジャーキーは、日本への持込禁止ですが、
サーモンのジャーキーや缶詰は、魚を使った食品規制が無いので問題無し。
陸と違って海には境目が無く、世界中繋がっているからだとか。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

フェアバンクス3、ホテル・ロッジ [旅行・観光]

今回のツアーは、宿泊のみで食事はありません。
朝食も無いのは、オーロラ鑑賞時間が10時~2時。
宿に戻るのが3時前後なので、お昼頃まで寝ている人も多いからなのか。

フェアバンクスで泊まった、ソフィー・ステーション。
CIMG1600.jpg

キッチン付きなので、自炊が出来ます。
CIMG1571.jpg

ホテル内にレストランがありますが、週末は夕食のみ。
その為、食の確保が必須となりました。
外食すれば良いとお思いでしょうが、ただでさえ広いお土地柄。
ホテルの敷地から出るだけでも、そこそこ時間がかかります。
道路の横には除雪した雪が膝丈ぐらいまであり、
歩道がどこだかわからない状況で、慣れない雪道なのもあって、かーなーり怖い。

幸い、10分以内に2件の大型スーパーがあったので、食料買い出しへ。
ホテルへの移動中に、ガイドさんにオススメの食材を聞いた処、
サーモンとアラスカンキングクラブ、鮭と蟹(タラバガニ)との事。
既にサーモンはチェナ・スプリンクズのレストランで味わい済み。
CIMG1490.jpg

蟹は一度茹でて冷凍した物が売られているので、再度湯通しするだけOK。
スーパーでは約40ドルで、2人で心行くまで食べられる量の蟹が買えました。
塩茹でされていたので調味料不要。そのまま食べて美味しかった。
(食べるのに夢中で、終わってから撮るのを忘れていたのに気付きました)
ただ、料理用鋏が無く、包丁の切れ味が海外はイマイチなので、
殻を割るにちょっと苦労したけど。蟹鋏、持って行けば良かった……

他に購入したのは、パン、サンドイッチ、ベーコン、ヨーグルト、カットフルーツ、
サラダ、ドレッシング、水などですが、基本、アメリカサイズ。
一人だったら同じものを2回食べるような量で、結局、外食はせずに終わりました。
買い物途中では、謎の日本語が書かれた10㎏の米袋と遭遇……
お土産用のサーモンジャーキーやバーチシロップは、スーパーが断然お得です。
大型スーパーだと、アラスカお土産コーナーがあります。

オーロラ鑑賞ツアーは、郊外の観測スポットへ向かうのと、
町の周辺の灯りが少ないロッジに行くものがありますが、
私達は両日、ロッジでの鑑賞となりました。

フィンランドのサーリセルカでは小屋で防寒具装備で待機していて、
薪を暖炉や屋外で炊き、ツアーの人達が持参したアルコールとおつまみで、
暖を取っていたのですが、ここのロッジでは暖房も効いていて、
温かい珈琲やココアなどが飲み放題、クッキーもあり、Wi-Fiも使えました。
私達2人だけでしたが、極光の待ち時間は、
ガイドさんから色んな話を聞かせて頂いて、楽しく過ごせました。

オプションを頼んだ、A&P(アメリカ&パシフィック)ツアーズが
契約しているロッジで、宿泊も出来るそうですが、
氷点下の世界の雪の山道は、それなりの運転技術が無いと無理。
どれくらい寒いのかと言うと、濡れたタオルを軽く振り回すとバリバリ凍るぐらい。
CIMG1597.jpg

タオルより薄い手拭いで試したら、あっと言う間にこのとおり。

タオルが一瞬で凍るのは、-40℃ぐらいまで冷えないと駄目らしい。
ロッジからホテルに戻る途中で、温度計と記念撮影。
CIMG1578.jpg

初日に極寒を経験しているので、この気温でもまだ温かく感じでしまうのが恐ろしい。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・観光 ブログトップ