So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち [天体]

スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち
(山根 一眞 著 日経BPコンサルティング )
標高5000mで動き出した史上最高の“眼”

ノンフィクション作家の山根一眞が1998年から取材を始めた
電波望遠鏡「アルマ(ALMA)」。
この電波望遠鏡は、南米チリのアンデス山脈のアタカマ砂漠、
海抜5000mの高地に設置された。
そこは草木が一本もないまるで火星のような光景が広がる砂漠である。
その砂漠に全66台のパラボラアンテナからなる電波望遠鏡が設置され、
2013年3月13日に完成式典が行われた。
アルマという巨大な電波望遠鏡が完成することによって、
日米欧による過去最大といわれる国際共同プロジェクトが、幕を開けた。
(日経BP書店より)

【目次】
序章 嵐の神戸港
第1章 電気仕掛けの望遠鏡
第2章 野辺山のサムライたち
第3章 奪われた花嫁
第4章 魔法工場のデスマッチ
第5章 凧揚げとガンダム
第6章 冷たいラジオの作り方
第7章 天空のセレモニー
終章 奇跡の星、地球

30年にわたる巨大電波望遠鏡の開発と建設のプロジェクトとあって、
世界を回って設置場所探し、巨大パラボナから各部品の開発等、
取材先は、天文学者、メーカー、町工場と多岐に渡ります。

主に第3章 奪われた花嫁 で語られていますが、
欧米との共同プロジェクトなのに、政府の対応のまずさのせいで、
旨みを取られ、割の合わない処を請け負うなど、
しなくても良い苦労を背負わされた方々の苦難ときたら……
読み応えがあって、2時間弱かけて一気読みでした。

絶対、本に入り切らなかった事があると思ったら、
アルマ望遠鏡“勝手に”応援団
「その概要から本には書けなかったあんなこと・こんなことまで、
写真を中心に紹介していきます」との事。

30年と言う歳月は長くて、あとがきにて取材後に、
鬼籍に入られた方々のお名前とお悔やみが述べられていました。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: