So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ

月探査レース、期限が2018年3月31日に延長 [天体]

月探査レース、期限が2018年3月31日に延長! 途中賞金も設定 日本チーム「HAKUTO」参加
民間初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」は公式サイトにて、
ミッションの期限を2017年末から2018年3月31日までに延長したことを発表しました。
さらに、月面探査に関する追加の賞金設定も発表されいてます。

Google Lunar XPRIZEとは、民間主導によって月に探査車を送り込み、
500メートル以上走行させた後に画像や動画を地球に送信するというレースです。

当初の期限終了まで、約4ヵ月半。
諦めたチームが出たとか、日本の「HAKUTO」は12月末の予定だし、
間に合うのかなと思っていたら、期限延長となりました。
他チームを含めて、12月31日までにミッションを終了させるのは、
かーなーり難しいって事ですよね。

追加の賞金設定もあって、
・宇宙船が月を一回周回飛行したり、あるいは月へと突入して
適切な方法で月表面へとアプローチできれば
175万ドル(約1億9000万円)、
・宇宙船が月面にソフトランディングし、データの送信ができれば
300万ドル(約3億3000万円)

勿論、「HAKUTO」チームを応援しているけれど、
いずれのチームであっても、無事月に降り立ち、画像を届けて欲しいです。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

100年前のフルーツケーキ、南極で発見 [飲食]

南極から100年前のフルーツケーキが発見される 金属ケース内で「完全に保存」され、今でも食用可能
フルーツケーキは、1822年に創業したイギリスのメーカーHuntley & Palmers社製。
同国の探検隊が、1910〜1913年にかけて行ったテラノバ遠征の際に
南極に持ち込み、アデア岬に残したものと推測されています。

フルーツケーキは包み紙、金属ケースに覆われたままになっており、
「完全に保存されていた」とのこと。見た目、香りには問題がなく、現在でも
「(ほぼ)食べられる」状態を維持しているといいます。

フルーツケーキ。生の果物を使うタイプではなく、
洋酒に漬け込んだ刻んだドライフルーツを混ぜて焼くタイプ。
自分でレーズンやアンゼリカ、レモン・オレンジピール等を刻み、
お酒に漬けて瓶詰めするのも、なかなか楽しい。
ブランデーやラム酒が一般的だけど、バーボンやウイスキーでも、
また違う香りがあって、なかなかイケます。

かーなーり日持ちする焼き菓子で、自家製も焼きたてより、
日を置くとしっとりと味と香りが馴染んで美味しかったし。
……でも、まさか南極とは言え、100年持つとは。
メーカーさん、誇ってもいいと思う。

フルーツケーキは効率的にカロリーが摂取出来るから、
南極遠征に理想的な食べ物だったそうです。
今のレシピだと砂糖やバターが控えめにされていますが
元々は、小麦粉、バター、砂糖、卵を同量使う事から、
パウンドケーキ(英) 材料が各1ポンドずつ。 
カトル・カール(仏) 4分の4 
と名付けられたぐらいだから、当然、カロリーもお高めです。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

草取りには虫除け必須 [雑記]

お盆に来客があるので、二週続けて日曜に草取りをしました。
中腰なので約2時間ずつぐらいしか出来なくて、撲滅は無理でした。
この処の雨で、生き生きと勢力を拡大中。

そして、黙々と作業していると、奴らがやってきます。
耳元に聞こえてくる羽音、蚊です。
ふと気付けばむき出しの手足に止まっているのがいて、
5匹以上叩き落したのですが、両日共に終わってみれば、
20ヶ所以上蚊に刺された痕が点在しています。

今年の夏は前半、雨が少なかったせいか、
例年より蚊の被害が少ないからと、奴らを甘くみていたのが敗因。
携帯の蚊取り線香ケース、あると思ったのに見つからないし。
外出時は長袖が七分袖でないと、ちょっとマズい域と言う……
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱中症対策自動販売機 [飲食]

炎天下の中「ポカリ50円」の自販機 工事現場への思いやりが話題に
夏本番。建設現場で働く作業員にとって、熱中症対策は不可欠です。
そんな中、ある建設現場の自動販売機の写真がツイッターで話題となっています。
「熱中症対策自動販売機」と題したその自販機では、
ポカリスエットをなんと50円で販売。作業員からも「助かる」と評判の取り組み。

このニュース、職場でも話題になりました。
建築関係の業務なので、熱中症対策は必須なのです。
記事によると、建設現場などへの導入が増えてきているそうで、
「自販機だと冷やす手間がかからない。熱中症への企業の意識が高まり、
作業員への福利厚生という点から注目されている」とあって、
うちの現場にもあったらいーなーとの声も。

「熱中症対策自販機」は一定量のナトリウムを含んでいる物が条件なので、
水やお茶は販売出来ないとありました。
実際、事務所にも営業周りで来る業者さんが、
手土産として社名入り塩飴、持ってきたりしますし……
今年も暑い夏なので、現場の方々はどうか無事に乗り切って欲しいです。
コメント(0) 
共通テーマ:仕事

風都探偵、連載開始 [仮面ライダーW]

「仮面ライダーW」続編がスピリッツで開幕、“二人で一人の探偵”がマンガに
本日8月7日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ36・37合併号(小学館)より、
石ノ森章太郎原作の特撮ドラマ「仮面ライダーW」の
正式な続編にあたる新連載「風都探偵」がスタートした。

発売日に、仕事帰りに書店へ行ったけれど、売り切れ。
コンビニ3件回って、無事購入出来ました。
……店出たら土砂降りの雨で、雑誌濡らさない様苦労する破目に。

第1話「tに気をつけろ1/魔女に恋した男」は66ページと大盤振る舞い。
「仮面ライダーW」のメインライター、三条陸が脚本とあって、
物語は心配していなかったけれど、作画が好みに合うかどうか不安でした。

でも、見開きからWらしい雰囲気が出ているのが嬉しい。
翔太郎のハーフボイルド振りや、所長のスリッパ突っ込み等、
あるあるネタもいっぱいあって、懐かしかった。

多少の違和感はありますが、映像の人物が元なので、
慣れるまでは仕方が無いし、フィリップの妖しさが増してます……
雑誌の関係でお色気度もアップしているし、風都の悪女は健在なようです。
あと、メカの描き込みが凄かった。

仮面ライダーへの変身は無し、ドーバンドも姿を見せなかったので、
次回の戦闘シーンがどうなるか、気になる処です。
コメント(0) 
共通テーマ:コミック

セミファイナルのアブラゼミと遭遇 [雑記]

今年は蝉の声が聞こえたのが少し遅くて、
しかも、クマゼミが優勢だったので、アブラゼミも追いやられてしまったのか。
と、思っていたら、7月末からアブラゼミが猛攻をかけてきました。
真昼に聞くと暑さが増すような、騒がしい鳴き声ですが、
それでもこれを聞かないと、物足りない夏になってしまうのも事実。

そして昨日、道路でセミファイナルのアブラゼミと遭遇しました。
翅が透明ではなく、焦げ茶色の斑があるので一目でわかります。
アブラゼミの由来、鳴き方が油で揚げているような音からの他に、
翅が油紙を連想させると言うのもあって、確かに油染みにも見えなくない……

ちなみにこの場合のセミファイナルとは、
道路に落ちていて一見死んでるように見える蝉が、
近付くと突然暴れだす現象の事で、その見分け方ですが、
・足が開いていると、生存。
・足を閉じていると、死亡。
今回は、足を閉じていたので、お亡くなりでした。

何故かほぼ毎年、アブラゼミが我が家のベランダで仰向けに転がっている為、
セミファイナルの見分け方は必須だったりします。
いきなり暴れ出されるのって、かーなーり心臓に悪い……


追記(8/14)
今年もお隣の壁にやってきて、元気良く鳴いています、アブラゼミ。
CIMG2897.jpg

直線距離で2mも無いので、滅茶苦茶やかましい。
何故、わざわざ住宅街の壁に止まりにくるのだろう……
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

劇場版 エグゼイド/キュウレンジャー [特撮]

劇場版 仮面ライダーエクゼイド トゥルーエンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ケース・インダベーの逆襲
CIMG2864.jpg

初日の午後の回で観てきました。
用事があった為、朝一の回ではなかったのですが、
午後の2回は何と、エクゼイドがやってくるイベント、
クイズと写真撮影可だったので、満席で子供率が過去最高でした。
……知らなかったは言え、ちょっと申し訳ない気分。

CIMG2869.jpg

司会のお姉さん、エクゼイドは後姿も可愛いんですって言っていたけど、
確かに背中が可愛いのは認めるけど、何故「も」なんだ~!
もしや、レベル1を指しているのかと、思わず突っ込み。

今年はエグゼイドとキュウレン、両方視聴しているので、
本編のOP以外の情報は、出来るだけカットしていましたが、
今後は、劇場版CMも対象に含めようかと思ってしまった……
絶賛上映中なので、ネタバレしない程度の軽い感想です。

キュウレンジャー
歴代最多の人数なので、全員の見所作る為、
3チームに分けてアイテム探しや、さくっと司令を一時退場させたりと、
色々アイディア練って頑張っているなと、大人視点で観てしまいました。

巨大人工彗星ゲース・スターの地球衝突を防ぐ方法、
ド派手ですが、それもこれもあれも、超まずいんじゃないの。
この後、地球は果たして大丈夫なのか。という力技でした。
……月には思わず同情。

あと、某映画のパロディ、子供達にわからないだろうけど、
ヒューマンタイプ以外のメンバーもやってくれたのが、嬉しかった。
なかなか観られないけど、本編でも終盤に見せてくれるかも。

エグゼイド
謎の忍者集団が発生したゲーム病は、バクスターまで感染させて、
VR『仮想現実』に引きずり込んでしまう。
敵の思惑を探り、時に患者の医療を行いつつ、
現実・仮装双方の世界で戦うライダー達。

医療とゲームをモチーフにしたエグゼイドならではの内容。
次々起こる難題をクリアしていくのと平行して、
難病の子供が手術して、即、治るのではなく、
リハビリや後遺症、家族の問題も避けずにやっています。
家族が入院すると、本当に大変なんですよね……
運命を変えるのは~の永夢の言葉が身に沁みました。

夢の大運動会では、何度も笑い声が上がっていましたが、
一番吹いたのは大我でした。好青年ぶりといい、アレは反則。
写真撮影を頑張る飛彩、中の人の趣味がカメラらしい。

前もって、テレビと映画の関係は「秘密」、
本編と幾つかの違和感があると言われていましたが
それらを踏まえて見ると、確かに、トゥルーエンディングでした。

違和感の原因は最終回までに明かされるらしいので、
あれこれ推測して、答え合わせを楽しんでいます。
殊にエンドロールの画像は、気になるシーン多々あり。

個人的には、面白かったけれど、Wとドライブの夏映画には届かなかった感じ。
ただ、この二つは本編での依頼や事件との合間の話として出来ますが、
連続モノ要素が強いエグゼイドは、それが使えないので、
こーゆー形になったと思うし、TV本編を観ているなら観て損は無しです。

初日なのに、檀 黎斗神扇子は売り切れ。
ネット通販も各地のショップでも、人気らしく売り切れているとか。
この夏のアイテムとして欲しかったのに、残念。
コメント(0) 
共通テーマ:映画

スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち [天体]

スーパー望遠鏡「アルマ」の創造者たち
(山根 一眞 著 日経BPコンサルティング )
標高5000mで動き出した史上最高の“眼”

ノンフィクション作家の山根一眞が1998年から取材を始めた
電波望遠鏡「アルマ(ALMA)」。
この電波望遠鏡は、南米チリのアンデス山脈のアタカマ砂漠、
海抜5000mの高地に設置された。
そこは草木が一本もないまるで火星のような光景が広がる砂漠である。
その砂漠に全66台のパラボラアンテナからなる電波望遠鏡が設置され、
2013年3月13日に完成式典が行われた。
アルマという巨大な電波望遠鏡が完成することによって、
日米欧による過去最大といわれる国際共同プロジェクトが、幕を開けた。
(日経BP書店より)

【目次】
序章 嵐の神戸港
第1章 電気仕掛けの望遠鏡
第2章 野辺山のサムライたち
第3章 奪われた花嫁
第4章 魔法工場のデスマッチ
第5章 凧揚げとガンダム
第6章 冷たいラジオの作り方
第7章 天空のセレモニー
終章 奇跡の星、地球

30年にわたる巨大電波望遠鏡の開発と建設のプロジェクトとあって、
世界を回って設置場所探し、巨大パラボナから各部品の開発等、
取材先は、天文学者、メーカー、町工場と多岐に渡ります。

主に第3章 奪われた花嫁 で語られていますが、
欧米との共同プロジェクトなのに、政府の対応のまずさのせいで、
旨みを取られ、割の合わない処を請け負うなど、
しなくても良い苦労を背負わされた方々の苦難ときたら……
読み応えがあって、2時間弱かけて一気読みでした。

絶対、本に入り切らなかった事があると思ったら、
アルマ望遠鏡“勝手に”応援団
「その概要から本には書けなかったあんなこと・こんなことまで、
写真を中心に紹介していきます」との事。

30年と言う歳月は長くて、あとがきにて取材後に、
鬼籍に入られた方々のお名前とお悔やみが述べられていました。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

デス・スター型の焚き火台 [雑記]

スター・ウォーズ“デス・スター”型の焚き火台
燃えるようなスター・ウォーズ愛が、デス・スター型の焚き火台、
ファイヤーピットを生み出した。

デス・スター型焚き火台、鉄板製で直径90㎝、値段は$1,500。
カナダこのサイトで販売中。

映画終盤の攻撃が成功した場面を思い出させると、話題になっているとの事。
確かに、星空の下で灯したら、気分盛り上がりますよね。
「大人になってよかった。買いたくなったら買えるし、
楽しみたいと思ったら楽しめるのだから」とのコメントには、思いっ切り同意。
もっとも日本だと、送料がどれぐらいかかるのかわかりませんけど……
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ