So-net無料ブログ作成

愛称決定、GCOM-C「しきさい」 SLATS「つばめ」 [天体]

今年度中に、同時打ち上げ予定の2つの衛星、GCOM-C、SLATS。
4月25日~5月31日の期間で募集していた、彼らの愛称が決定しました。
気候変動観測衛星(GCOM-C)と超低高度衛星技術試験機(SLATS)の愛称決定について
気候変動観測衛星(GCOM-C)
愛称
「しきさい」 ローマ字表記は「SHIKISAI」
選定理由 
彩り豊かなイメージが、多波長を観測可能多波長光学放射計(SGLI)
により、植生、海洋、雪氷等、多くの観測対象をもつ
GCOM-Cの特徴を的確に表しているため。

超低高度衛星技術試験機(SLATS)
愛称
「つばめ」 ローマ字表記は「TSUBAME」
選定理由
細長い機体に太陽電池パドルをつけて超低高度を
飛行するSLATSの姿が、ツバメが低空飛行する姿と重なり、
SLATSミッションを的確に連想させる愛称であるため。

GCOM-C「しきさい」SLATS「つばめ」、命名おめでとうございます。
今回、GCOM-Cの名付け親となりました。
「いぶき」以来、2度目となります。
先に「いろどり」で応募していたのですが、締め切り間際に「しきさい」を追加。
確認メールによると、送信時刻:2017年05月31日 19時59分36秒
……残り30秒切ってました。一番最後の命名者の可能性あるかも。
SLATSの応募は「せんじん」。先陣を切って軽やかに飛ぶイメージからでした。

応募総数は、12,895名(GCOM-C:6,673名、SLATS:6,222名)。
GCOM-W1「しずく」が2万超えだったので、ちょっと淋しい。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0