So-net無料ブログ作成
検索選択

第36回 宇宙科学講演と映画の会 [講演、特別・一般公開]

午後からは、第36回 宇宙科学講演と映画の会。
宇宙学校・さがみはらが終わって会場を出たら、
既に整理券配布が始まっていて、200番超えていました。
CIMG2133.jpg

さすがに昨年のように2階席まで使う事は無く、1階席も余裕がありました。
イブシロン・はやぶさ・あかつきのプロジェクトマネージャ揃い踏みと、
まさに、夢の祭典だったからなぁ……

講演1 『すごく難しい月探査技術の話』
JAXA宇宙科学研究所 教授 橋本 樹明
講演2 『どうして惑星探査のことが気になるのだろうか?』
JAXA宇宙科学研究所 教授 藤本 正樹

前回と比べると、一般知名度は下がるプロジェクトですが、
逆に講演で聞く機会が少ないだけに、貴重な体験でした。

米国のロケット、SLSに相乗り予定の超小型衛星OMOTENASHI
重量14㎏以内、募集期間が短すぎて、一般に公募出来なかったとか。
しかし、月探査機がここまで小型化するとは思わなかった……

惑星探査についてですが、ちょうど電車内で読んでいたのが、
『系外惑星と太陽系』(井田 茂著 岩波新書)
思いっ切り内容が重なっていましたが、
切り口が異なると違う捉え方になるのが面白かったです。

短編映画『「あらせ」始動。ヴァン・アレン帯への新たな挑戦』
ERGはYou TubeにISASが動画を幾つもアップしていますが、
「あらせ」になってからは、もしや初めて?

今年の相模原キャンパス一般公開は、8/25.26に行われます。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0