So-net無料ブログ作成

コンタクトレンズがスクリーンになる可能性 [雑記]

コンタクトレンズがスクリーンになる「ポリマー薄膜コーティング」技術
「コンピューター画面になるコンタクトレンズ」が開発されている。
第一段階として、電気を通し「生体適合性がある」
ポリマー薄膜コーティングの概念実証モデルが発表された。

このコンタクトレンズは、「生体適合性がある」薄膜を、普通のコンタクトレンズに
コーティングすることにより機能し、導電性の電子回路を身体と連携させることができる。
薄膜の接着性と、レンズの目への接着性を向上させるために、
レンズはあらかじめプラズマ表面処理されている。

それに繋がる技術が開発されたと言う話で、この先、実用化に至るのかは不明ですが、
実現したら、スパイアクション映画の世界ですね。
もっとも眼鏡の方が先に有り得そうな気がしますが。

しかし、今でも歩きスマホやっている人がいますが、
コンタクトだと使用中なのが一見してわからないだけに、
今とは別の規制が必要となるのでしょう。
自転車乗ってスマホしている人とか、いつか事故起こしそうで怖い。

他にもハード・コンタクトを使用しているので、視点をどう合わせるのか、
老眼対応は難しそうとか、あれこれ考えたけれど、
ネットで見かけた意見、「眼科医が常習したら使用を考える」
これには大笑いしつつ、思いっ切り同意しました。
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

optimist

体に直接リンクするような機器の実現も可能な昨今、どんな製品がでてくるか楽しみです。
その一方で新しい製品には新しい問題が発生するもので、その解決が必要なのもまたしかり・・・。こればかりは難しいですね。
by optimist (2016-02-12 09:00) 

Haruka・N

optimistさま
画期的な製品が出ると、予想外の問題も発生すると言うのは、世の常ですよね。
便利になるのはありがたいのですが……

by Haruka・N (2016-02-12 23:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0