So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴーバスVSゴーカイ THE MOVIE [海賊戦隊ゴーカイジャー]

特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE
昨日1/19からの公開ですが、またしても一番近いシネコンでは上映無し。
ネット予約してからお隣のシネコンに行ったのですが、
20日はサービスデーで2D一律千円なのもあって、チケット売り場は大混雑。
先にネットで購入していなかったら、次の回となる処でした。

絶賛上映中なので、詳しいネタバレは避けますが、
CMでもお馴染みの悪のゴーカイジャーは、いかにも海賊!と言う衣装で、
横一列でスローで歩くのは、本当にお似合い。
マーベラスのふてぶてしさは相変わらず。
おかけで、ヒロムがストレート過ぎて言葉足らずなのもあって、
2人が会話していると、何か正義の味方らしからぬ気が……

EDにもあるようにゴーバスの「絆」。
ひとり、またひとりとマーベラスの元に集まったゴーカイと違って、
ゴーバスはあの日から、運命共同体みたいなメンバーだから、
これはきついと、思いっ切り感情移入してしまいました。
それだけに、EDのダンスや映像には大笑いでしたが。

エンジニアとして生き生きしている陣とか、
飛ばされたヨーコ&Jと、鎧のちくはぐなやり取り。
細かいところだと、バッカス・ギルのダブルネーミングに、
アクドス・ギルとワルズ・ギルの遺影。
ちょこちょこと出てくる、過去の戦隊絡みの方々。

ただ、あれもこれもと頑張って詰め込んでいたせいで、
慌しくなってしまい、全体的にドタバタした感があります。
あの時間で10人以上に、それなりの出番と見せ場を作るのは難しい。

そして、ゴーバスはロボ戦が熱い!
夏の映画で敵ロボ揃い踏みをやりましたが、
夜の闇の中、炎に照らされるロボは、本当に格好いいし、
今回はゴーカイ絡みとあって、ロボもある意味、大盤振る舞い。
懐かしさと嬉しさと、某ロボ内での陣の呟きには笑った。

お値段も特別料金で安いし、どちらかのファンなら楽しめると思います。
余談ですが、隣の席の女の子、途中からずっと前のめりになって、
夢中になって観ていたのが可愛かったです。
コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。