So-net無料ブログ作成
検索選択

小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~ [仮面ライダーW]

講談社キャラクター文庫 小説 仮面ライダーシリーズ
平成仮面ライダーの小説、クウガからオーズまで12作品が刊行。
第一弾は11月30日に、カブト・W・オーズの3冊。

ネットではあちこちで見つからないとの嘆きが上がっていますが、
発売日当日に書店を3件回って、ようやく見つけました。
でも、各2冊ずつしか置いてなかったから、入荷数が少なかったのか、
それとも、冊数を刷らなかったのかは不明。
しかし、各書店もどこに置くのか、悩んでいるようで、
ラノベ、特撮、ホビーと、色んなコーナーでの発見報告がありますが、
私が購入した書店では、何故かアイドルのグラビア集の棚に、
手書きポップ付きで表紙を向けて3冊並んでました……

『小説 仮面ライダーW ~Zを継ぐ者~』(三条 陸 著)
 「仮面ライダーW」を愛するみなさんへ
 この小説をあなたの地球の本棚に寄贈します。
 「B」と「Y」の間に置いて、末永く閲覧していただければ幸いです。
本文の前に入る、作者からのメッセージ。
感謝の意と共に、この話の位置づけが32と33話の間と示してます。

フィリップの一人称で語られる「Z」のガイアメモリの事件。
翔太郎の代わりに、フィリップが外に出て事件を解決するのですが、
ラノベ風なので気軽に読めますし、さすが脚本家だけあって、
彼らが交わす言葉は、そのまま脳内でリアル音声に転換したほど。
面白くて一気に読んでしまいました。

あらすじや帯に載っていた「仮面ライダーサイクロン」
本編中の時間軸で、どのように登場させるのかと思ったら、
その当たりもしっかり説明があって、安心のクオリティ。
エンターテイメントに徹しているので、W好きなら買って損はないと思います。

他にも、前章・後章と、2話で1つの事件だったTVと同じスタイル、
そういえば、あれって?と、思う事に、さり気ないフォローが入っていたりと、
TVシリーズを観てきた人には、そういう点でも楽しめます。
ちなみに、読むのにかかったのは約1時間と、こちらもTVどおりでした。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0