So-net無料ブログ作成

宇宙で2番目のお宝を目指して [海賊戦隊ゴーカイジャー]

海賊戦隊ゴーカイジャー 最終話「さよなら宇宙海賊」
空を埋め尽くすザンギャックの大艦隊。
狙い撃ちされてあわやと言う処で、ゴーカイジャー達の頭上に現れたのは、
ナビィが見つけてきた、バスコの私掠船フリージョーカー。
それを使ってマーベラスは、皇帝のいるギガントホースへの突入を決める。

マーベラスと共に行くのは、ジョーではなく鎧。
「最前線に皇帝が出てくるなんて、千載一遇のチャンスだ。
夢なんだろう、ザンギャックを倒すのが」
ジョーの台詞に、宇宙最大のお宝を見つけるマーベラスの夢を叶える為、
彼らは地球に来たのに、なんだかんだ言って、
出会ってきた地球人の夢や幸せを掴む、後押しをしてきたんだなっと。
今回も、仲間である鎧の夢を手伝うけれど、叶えるのは本人。
そのスタンスは変わらなくて。

地上では、ダイランドーと対するジョー達4人。
空では、ギガントホースに突撃するマーベラスと鎧、プラス、ナビィ。
ずっとガレオンの操縦担当はマーベラスでしたが、フリージョーカーでもお手のもの。
操縦技術は伊達じゃないんだと思ったら、乗り込んだギガントホースを操り、
全ザンギャック艦隊無差別攻撃と、さすが海賊、やる事が汚い。
皇帝陛下の乗る母艦を攻撃出来る訳がありませんから。

アクドス・ギル皇帝陛下。
隻眼なのは戦闘による負傷だったら、それなりの腕だと思っていましたが、
レッド・シルバーの2人かがりの攻撃を、座ったまま対応したり、
1対1では敵わず、6人で全スーパー戦隊の力を使っての総力戦で、
やっと倒せたぐらいなので、自分の戦闘力に自信があって、
だからこそ息子の敵討ちにと、最前線に出てきたのでしょう。
それが致命的となってしまったのは、皮肉な事ですが、
結局は、「この星を狙ったのが間違いだったんだ」のだと。

全スーパー戦隊に連続でゴーカイチェンジしての戦いは、
まさに、販促…じゃない、反則技。
攻撃に堪えている皇帝陛下に、ちょっぴり同情。
しかし、撮影するのに、どれだけの手間と時間がかかったのか。
スタッフの皆様、見応えのある映像を楽しませて頂きました。

あと、構成が見事だと感心したのが、前回でガレオンを破損させていた事。
だから、ギガントホースへは乗り捨て可能なフリージョーカーで突入、
巨大ロボットの戦闘が無くても不自然じゃない流れに。

そして、ザンギャックとの決戦を終えてから、数ヵ月後。
「この星の奴らはどいつもこいつも、しぶとくて嬉しくなるぜ」
新装開店をしたサファリで、第1話で食べ損ねたカレーを、
心置きなく食べ続けるマーベラス。
外見は地球人と変わらないけど、怪我の快復する速さと言い、
体組織が違うとしか思えない量です。

今度は宇宙で2番目のお宝を探しに、ザンギャック本星へ向かう事になり、
ガレオンへ帰るゴーカイジャー達の前に現れたのは、
やはり第1話で助けた保育士と子供達。
地球を守ってくれたヒーローだから、お礼をと言われるが、
ザンギャックの大艦隊相手には、スーパー戦隊を名乗ったくせに、
一般人の彼らには、宇宙海賊であり、俺達が勝手にやった事だから、
礼なんかいらねと、あっさりしたもの。

でも、同じような事をした第1話では、首を傾げるだけだった子供達が、
今度は去っていくゴーカイジャーに向かって、ありがとうとお礼を言うのは、
彼らの今までの戦いを見続けてきたからこそ。
ほのぼのとしていて、良いシーンでした。

地球を旅立つ前に、「こいつは、この星の奴らが持つべき物だ」と、
全てのレンジャーキーを、空からばら撒くマーベラス。
光り輝くキーは、力の持ち主の元へと還っていった。
受け取ったキーを手に、見送る歴代の戦士達。
「目指すは、ザンギャック本星だ。全速前進!」
ゴーカイジャー達が乗ったガレオンが、地球を飛び立っていく。

小技、力技を絡めて、きっちり締めくくった最終回でした。
ゴーカイジャーは、34の戦隊の力を使える能力、
ゲストには過去の戦隊の人達が登場と、かーなーり特殊な状況で、
一歩間違うと、ゲストに食われ兼ねないのに、
全員しっかりとしたキャラクターを作り上げていました。

基本装備が共通の剣と銃でしたが、それぞれの個性を生かした戦闘により、
ヴァリエーションが広がり、子供達も遊びやすかったのでは。

魅力の1つが、赤・青・黄の信頼関係。
勿論、他のメンバーも仲間として、信用しているけれど、
緊急時には言葉ではなく、視線だけでのやりとりも多く、
船長と副官、そんな2人をフォローする役と言う印象でした。
口が悪く、素直じゃなくて、直ぐに実力行使となるのは、3人の共通項。

勿論、不満や気になる点が無い訳ではありませんが、
震災の影響を多分に受けて、様々な設定変更もあっただろうし、
作る方はとても大変だったと思います。
1年間楽しませて頂きまして、ありがとうございました。
コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1