So-net無料ブログ作成

仮面ライダーW 公式読本 [仮面ライダーW]

仮面ライダーW 公式読本 W(グライドメディア)、ようやく読み終わりました。
私は速読は出来ませんが、それでも割りと本を読むのは早くて、
普通のライトノベルだと1時間未満、コミックスは1冊15~20分のペースですが、
この公式読本は、読み終えるのに4時間弱かかりました。
値段がちょっと高め(¥2,800 )ですが、この情報量からすれば、
それだけの価値はあると思います。

公式読本は電王以来の購入ですが、キャストだけでなく、
脚本家、プロデューサー、監督、特撮監督、美術、デザイン等、
番組に係わった多方面の方々のインタビューを掲載。
ダフルの場合、ライダーやドーパント、サポート機器だけではなくて、
風都と言う街、風都タワーから探偵事務所、各ロゴに至るまで、
どのようにして作りあげていったのか、一緒に語られていて、
裏方さんの苦労が偲ばれます。

それと、全ドーパント画と解説が載っているのが、ポイント高し。
勿論、ダブルやアクセルの設定図もあるのですが、
玩具になる制約を受けない敵の方が、デザイン画を見るのは楽しいのです。
元々、神話や民話の妖しいモノ達が好きなのもあるかもしれません。
個人的にインパクトがあったのは、マネー・ドーパント。
ぽよんぽよんしたボディ、戦闘中にスキップで去っていくのを見て、
これって、戦隊モノの怪人の間違いじゃないの!? と、思ったのも、懐かしい思い出。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0