So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

道の駅 八王子滝山 [旅行・観光]

週末、東京富士美術館へ行く途中で立ち寄った、
『東京唯一』の道の駅、八王子滝山。
CIMG3883.jpg

今回は都内で友人と待ち合わせをして、
美術館へは車で向かっていたので、行く事が出来たのです。
旅先でも観光名産品販売所とか、寄るの好きなんですよね。

それほど店内は広くないけれど、野菜の他、食品、
地元名産のお土産、お菓子などもあって、なかなか楽しい。
パンとか、地元ならではの調味料も気になる処。

八王子産カラフルキャロット
CIMG3884.jpg

八王子産三浦大根
CIMG3886.jpg

野菜が高騰中なので、道の駅ならばと思ったけれど、
やっぱり良い物は、お高かった……
しかし、市場に回らない小ぶりなキャベツやレタス、
白菜などのお買い得品があり、友人は車なのでお買い上げ。
電車で帰るのでなければ、私も野菜を買い出ししたかった。
CIMG3901.jpg

……と、言いつつ、一番軽量のレタスは購入済みだったりする。
コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

東山魁夷展 -長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による [展示・展覧会]

1/13に東京富士美術館で開催中の、
東山魁夷展 -長野県信濃美術館東山魁夷館所蔵品による」に行ってきました。
CIMG3890.jpg

期間は2018年1月2日(火)~3月4日(日)
10年前に東京国立近代美術館で開催された「生誕100年 東山魁夷展」以来になります。

ここしばらく、都内の美術館・博物館の特別展・企画展で、
入場待ち列に並んだり、館内が滅茶苦茶混んでいたりしたのですが、
今回は開催が始まったばかりで、午前中に行ったと言うのもあって、
人が少なく、心置きなく鑑賞出来ました。

一番の目的は「白馬の森」。
友人に言われるまで気付かなかったのですが、
硝子越しでは無く、直接、絵を観られます。
絵の中に細かい雲母のような光を弾くものがあって、
角度を変えてみるときらきらと輝いていて、森の静けさを増していました。

他にも白馬の見える風景シリーズ、北欧風景、京洛四季。
青や緑のイメージがありますが、桜の薄紅色、落ち葉の枯葉色など、
洋画とは異なる色彩の美しさに見惚れてきました。

経歴に、画家になることに父は反対したが、
結局、洋画は駄目だが、日本画ならばと許可したとあって、
それが無ければ洋画家になっていて、これらの絵は無かったのかも。
と、思うと、ちょっと不思議な気分。

ミュージアム・ショップにて購入した、一筆箋とファイル。
CIMG3902.jpg

複製画見本とパンフ。
CIMG3898.jpg

CIMG3903.jpg

国立新美術館で2018年10月24日(水)~2018年12月3日(月)で開催されますが、
おそらく、滅茶苦茶混むと思われます……
ちょっと遠いけれど、ネットやチラシに割引券もありますし、
頑張って行ってみる事をおススメします。

追記(1/15)
常設展示室にて展示中の、皇后ジョゼフィーヌのティアラ
(Tiara Attributed to Empress Joséphine)
CIMG3891.jpg

CIMG3892.jpg

CIMG3893.jpg

1040個にも及ぶ合計260カラットのダイヤモンドの輝き。
期間は、2018年1月2日(火)~3月25日 (日)まで。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コズミック フロント MUSIC [天体]

コズミック フロント NEXT
NHKBSプレミアムで、毎週木曜日、午後10時から放送していますが、
今回の「コズミック フロント MUSIC」は特番で、1時間30分。

人類誕生以来、人々は宇宙に思いをはせ、あまたの音楽を生み出してきた。
番組で紹介してきた宇宙イベントの決定的瞬間や高精細4K星空映像を交えて上映し、
宇宙と共に4Kの魅力を体感できるひとときをお届けする。
「2001年宇宙の旅」や「スター・ウォーズ」など宇宙映画の名曲、
「宇宙戦艦ヤマト」など宇宙アニメの名曲、そしてこの番組のために
宮川彬良さんが作曲した世界初演となる「宇宙 音楽絵巻」を演奏する。
(公式サイトより)

12月1日、NHKホールの収録。
定番の曲の演奏がメインなので、それほど期待せずにいたのですが、
オープニングがコズミック フロント NEXT のテーマ曲。
東京フィルハーモニー交響楽団、Yuccaさんの生スキャット付の演奏に、
思わず聴き惚れてしまいました。

ならば、「宇宙戦艦ヤマト」では、あのスキャットが……
と、密かに期待していたら、それだけではなく、
何と「白色彗星」、パイプオルガンの音色が鳴り響いたではありませんが。
年末で当日は7時過ぎまで残業していたので、
絶対無理だったとわかってはいるけれど、生演奏を聴きたかった!
念の為、録画していて本当に良かった!

2017年のイベントとして、土星探査機カッシーニ(土星突入CGも)や皆既日蝕、
ハッブル望遠鏡等の宇宙の映像や、映画の画像も流れ、
天体関係のゲストを交えたトークもありました。

再放送はNHKBSプレミアム 1月17日 午後11時45分~ 午前1時15分
コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

「皆既月食を観察しよう 2018」キャンペーン [天体]

2018年1月31日夜、皆既月食の色を観察するキャンペーンを実施
2018年1月31日(水曜日)の夜、地球の影の中に月が
すっぽりと入り込む「皆既月食」が起こります。今回日本は条件がよく、
日本全国で月食の始まりから終わりまでをすべて見ることができます。

国立天文台では、この機会に多くの方に皆既月食を観察していただこうと、
「皆既月食を観察しよう 2018」キャンペーンを行います。

皆既月食を観察しよう 2018から参加出来ます。
3つの項目があります。
1.観察前日までの準備
2.皆既月食当日
3.皆既月食終了後~2月2日正午

双眼鏡や望遠鏡などの観測機器が無くても大丈夫。
今回は肉眼で観察した、時刻と月の色を知りたい為、
双眼鏡や望遠鏡は使わないで下さいと、注意書きがあります。
なので、写真や中継で見た月の色も無し。

今回のキャンペーンでは、アンケート参加者に抽選で、
10名様に国立天文台オリジナル 手ぬぐい
(国立天文台の観測装置をあしらった柄、非売品)がプレゼントされます。
パソコンやスマートフォンで簡単に報告出来るので、
ぜひ皆さんお気軽にご参加下さい。との事です。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

万座温泉 おまけ [旅行・観光]

旅館のサイトだと、早朝散歩として周辺の散策&ウォーキングを、
雪解けの5月中旬頃から、雪が降り冷え込みが厳しくなる11月初旬までの間、
実施しているそうですが、今は雪深い1月。
ド素人がうっかり散策などしようものなら、遭難間違い無し。
なので、景色を眺めたのは旅館と車内のみでした。
旅館の窓から。
CIMG3839.jpg

バス車内から。
CIMG3851.jpg

CIMG3855.jpg

標高が下がるにつれ、次第に晴れていきます。
CIMG3862.jpg

ここで、バスのタイヤチェーンを外していました。
CIMG3869.jpg

CIMG3870.jpg

高地、標高1800mは伊達じゃない。
売店のお菓子の袋もこのとおり膨らんでいます。
CIMG3838.jpg

普通にしている分は特に感じませんでしたが、
ランニングなど激しい運動したら、多分辛い……

帰りの高坂SAにあった、ビッグな焼き鳥の缶詰。
CIMG3882.jpg

お値段もですが、他の缶詰とこれだけの差があります。
CIMG3881.jpg

凄いなっと思っていたら、同じく注意書きに目を引かれたらしく、
何と、片手で持とうとする挑戦者が!
……もっとも、直ぐに諦めて去っていきましたけど。
コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -